ニュースリリース

フューチャースダンダードとセーフィーがサービス連携 2021年のICTを活用した道路交通センサスの実施へ向け AIとクラウドカメラを活用した交通量調査サービスの提供を開始

Safie連携

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営するフューチャースタンダード(本社:東京都文京区、代表取締役:鳥海哲史 以下、フューチャースタンダード)とクラウド録画サービス「Safie(セーフィー)」を運営するセーフィー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐渡島隆平 以下、セーフィー)は、クラウド録画サービス「Safie」と映像解析AI交通量調査サービス「SCORER Traffic Counter」を連携した、新たなサービスの提供を2020年10月1日より開始します。

 

  • 連携の背景
    国土交通省にて「ICTを活用した新道路交通調査体系検討会」が設立され、これまで5年に1回実施されてきた「道路交通センサス」を主体とした調査から、ICTをフル活用した常時観測を基本とする「新たな道路交通調査体系」の構築について検討がされてきました。その結果、R2年度の交通量調査の方針として、原則として目視による人手観測は廃止し、AI解析やビデオ観測等の機械観測を推進するという案が示されました。
    そのため、本来であれば、本年度に機械観測を活用した道路交通センサスが実施される予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、来年度への延期が決定しているため、R3年度にビデオ観測等を活用した機械観測が大規模に実施される見込みです。

 

  • サービス連携について
    今回のサービス連携では、クラウド録画カメラ「Safie」で撮影した映像をAPI連携で転送し、AI交通量調査サービス「SCORER Traffic Counter 」で解析できるようにします。この連携により、既に設置済のSafieカメラでAIによる交通量調査が簡単に実施できるようになる他、新たにカメラを設置する際にも、カメラ設置から解析まで一気通貫で行えるようになり、機械観測による交通量調査のニーズの高まりに応えられると考えています。

 

Safie連携サービス連携イメージ

 

  • 「SCORER Traffic Counter」特徴
    AI映像解析クラウド「SCORER Cloud」へアップロードした交差点や街中の映像をWEB画面で操作するだけで、交通量や通行量を簡単に計測可能なサービスです。車両・歩行者の検出やトラッキングには、ディープラーニングによる画像認識領域で高い技術力を持つ、センスタイムジャパン社のアルゴリズム「SenseVideo」を活用することで、高い計測精度を実現しています。
    Traffic Counterイメージ

 

 

  • クラウド録画サービス「Safie」の特徴
    Safieはカメラとインターネットをつなぐだけで、いつでもどこでも映像を確認できるクラウド録画サービスシェアNo.1(※)のサービスです。
    「映像から未来をつくる」というビジョンのもと、人々の意思決定に映像をお役立ていただける未来を創造し、企業から個人まで誰もが手軽に利用できる映像プラットフォームを目指しています。
    ※テクノ・システム・リサーチ社調べ「ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」より

 

  • サービス利用料金
    Safie 利用料金
     Safie利用料 + API 利用料
    SCORER Traffic Counter 利用料金
     解析費用 1,500円/動画1時間あたり

 

  • 株式会社フューチャースタンダード概要
    URL:https://futurestandard.co.jp/
    代表者 鳥海 哲史
    所在地 東京都文京区湯島1丁目6-3 湯島一丁目ビル 2階
    設 立 2014年3月
    事業内容 映像解析AIプラットフォーム『SCORER』の開発と運営『SCORER』を利用したシステム開発

 

  • セーフィー株式会社概要
    URL:https://safie.link/
    代表者 佐渡島 隆平
    所在地 東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル6F
    設 立 2014年10月
    事業内容 クラウド録画・映像管理プラットフォーム『Safie(セーフィー)』の運営

(English) 言語: