ニュースリリース

初期費用無料・プログラミング不要の通行量・交通量調査 「SCORER Traffic Counter」が請求書払いに対応しました

SCORER Traffic Counter_イメージ画像

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営するフューチャースタンダード(本社:東京都文京区、代表取締役:鳥海哲史 以下、フューチャースタンダード)は、新たに通行量・交通量調査サービス「SCORER Traffic Counter」の請求書払いによる後払い対応を開始しましたのでお知らせいたします。

 

SCORER Traffic Counter_サービス概要

 

 

 
2019年12月から提供している「SCORER Traffic Counter」のSaaS型サービスは、従来クレジットカード(デビッドカード・プリペイドカード)でサービス提供を行ってきましたが、利用者が法人であること、さらに昨今の交通量調査の自動化の流れを受けた需要の高まりによる利用者からの要望を受け、新たに請求書払いへのご対応を開始しました。

請求書払いは、1ヶ月分の「SCORER Traffic Counter」利用料金を月末締めで合算し、翌月末までに銀行振込にて支払う決済方法のため、経理上前払いができない場合や、社内申請の手間を省くことができます

なお、請求書払いを希望する場合は、サービスサイト内の申込フォームにて「請求書払い」を選択し、送信後に当社より送付する申込書へ捺印・返送の後、利用開始となります。

 

 

  • サービス利用料金
    1500円(税別) / 解析1時間あたり
  • 株式会社フューチャースタンダードについて
    URL:https://futurestandard.co.jp/

    株式会社フューチャースタンダードは「世界中の技術を世界中の人々が使えるようにする」というビジョンのもと、映像解析AI分野に特化したプラットフォームである「SCORER(スコアラー)」を開発・運営している会社です。「SCORER」は、カメラや映像に関する最新技術をブロックのように組み合わせることで、映像解析AIを活用したシステム開発を「安く・早く・簡単に」します。

    代表取締役社長:鳥海 哲史
    所在地:〒113-0034  東京都文京区湯島1丁目6-3 湯島一丁目ビル 2階
    設立:2014年3月
    事業内容:映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」の開発と運営
    SCORERを利用したシステム開発


(English) 言語: